主婦でも借りれるローンはあるのかな?

主婦専業主婦なんだけど…お金を借りることができるのかどうか不安に思っている方も多いでしょう。

 

基本的には安定した収入のある人であれば社会人だけでなくパートをしている主婦やアルバイトの方も銀行カードローンを利用することができます。その疑問に詳しくお答えしていきたいと思います。

 

主婦で銀行カードローンを利用しようかな…と考えている方はぜひチェックしてください。

 

パートとして働いている方なら文句なしでOK

パートをしている主婦の方⇒借りれます。

 

夫の稼ぎだけでは生活が難しく、共働きをする家庭が増えてきています。主婦でも子供が学校に行っている昼間を利用して近くのコンビニやスーパー、飲食店で働く人が増えてきています。

 

パートで働いている主婦は毎月安定した収入を得ているので銀行カードローンを気軽に利用できます。しかし、収入は低いので融資額も30万円以下などと通常より低くなっています。

 

毎月の返済額をできるだけ抑えてくれている主婦向けの銀行カードローンを選ぶことをお勧めします。返済額が少なければそれだけ負担も減るので返済日に遅れることなく返済していくことができるはずです。自分の収入に見合った借入れを行ってください。

 

専業主婦でも借りれる?

無収入の専業主婦の方⇒利用できる会社が限られますが借りれます。

 

パートとして働いている主婦は収入があるけれども専業主婦の場合はまったく収入がありません。収入がなければ銀行カードローンを利用することはできないのか…と思いますが、専業主婦でもある条件を満たせば借りることができます。

 

ある条件とは「配偶者の収入証明書を提示すること」です。

 

配偶者の収入証明者が専業主婦の収入証明書となるので毎月必ず返済していくことができるかどうか銀行が参照しながらチェックします。大手銀行のほとんどが必ず提出しなければなりませんが、一部の銀行カードローンでは収入証明書が要らないケースもあります。

 

家族に内緒で借りたい方にはお勧めのカードローンです。

主婦や専業主婦なら絶対銀行カードローンで

 

お金を借りるとなると、プロミスやアコムのような消費者金融で借りようとする人も多いと思いますが、消費者金融は総量規制という法律で年収の3分の1までしか借りれません。つまり、年収30万だったら10万円が限度っていう事です。

 

無収入の専業主婦の場合は100%借りれません。

 

しかし銀行カードローンならこの法律ができようされないので、年収制限がなく、無収入の専業主婦であっても申し込みを受け付けているというわけです。

 

↓主婦や専業主婦も申し込みOKの会社一覧↓


主婦や専業主婦も借りれるカードローン

来店不要!収入証明書も不要で借りれる!

限度額

年率

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
4.6%〜14.6% 100万未満不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
3.9%〜17.5% 300万未満不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万
主婦:30万以内
4.5%〜18.0% 100万未満不要

主婦に特に人気なのが三菱東京UFJ銀行カードローン

 

一番人気なのが阿部寛さんのCMの三菱東京UFJ銀行カードローンです。他よりも低金利だし、大手銀行なので安心感が違います。もちろん即日融資も可能になっていて、TV窓口なんて言うのもあります。

 

ジャパンネット銀行新生銀行カードローン レイクには無利息サービスがあるのが特徴です。銀行カードローンなのに無利息サービスがあるのは本当に珍しいです。

 

一定期間は無利息になるので、例えば30日以内には返せるというあてがある人なら、利息0円で返済完了することもできますね。

年収制限はあるけどパートしてるなら消費者金融でもOK!

限度額

年率

収入証明書

アコム
1万〜500万 4.7%〜18.0% 50万未満不要
モビット
1万〜800万 3.0%〜18.0% 50万未満不要
プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 50万未満不要

主婦が借りれる金額はどのくらい?

収入が少ない主婦(パート)や専業主婦が借りることができる金額はどのくらいになるのでしょうか。少しでも多く借りることができるとさまざまな場面で銀行カードローンを利用することができます。

 

基本的に一般的な会社員の融資額は500万円までとなっているところがほとんどです。中にはジャパンネット銀行のように1000万円までという所もあります。

 

銀行カードローンのメリットとして総量規制対象外、自分の収入の3分の1以上借入れを行うことができる点が挙げられます。しかし社会人と比べると主婦の融資額はかなり少なくなります。

 

主婦(パート)は50万円くらい専業主婦は30万円が限度

主婦にも対応している銀行カードローンの融資額をみてみるとパートとして働いている主婦は50万円〜100万円くらいになる所が多く見られます。

 

パートとして働いている主婦でも毎月数万円しか稼ぐことはできないのでアルバイトと同じくらいの融資額となります。融資額が大きくなってしまうと逆につい必要以上のお金を借りてしまうという方も多いので主婦にとっては丁度良い融資額かもしれません。

 

ただし、パートとしても働いていない無収入の専業主婦の場合は30万円までとかなり融資額が下がってしまいます。これは収入証明書が不要な銀行カードローンにみられる融資額です。

 

収入証明書が要らない分、融資額も低くなってしまうことになるので注意してください。

 

配偶者の収入証明書をちゃんと提示し、旦那様の年収が物凄く高ければもっと融資額が大きくなるかもしれません。この点は各銀行の判断によります。
(※そうなると旦那にバレるので我慢するしかなさそうですね・・・)

 

融資額は低い方が良い

生活や教育費にまわすお金が足りないときに銀行カードローンを利用することが多い主婦にとって1度に多額のお金を必要とすることはあまりないでしょう。

 

必要以上のお金を借りてしまい返済に困る事が起きないためにも融資額は低い方が良いです。本当に必要なお金だけ借りる事ができますし、毎月の返済にかかる負担も少なく済みます。

 

せめて50万円未満が主婦にとって的確な融資額になるのではないのでしょうか。

 

専業主婦は配偶者の収入が高くとも自分には収入がないということを把握し、銀行カードローンを利用していかなければなりません。


必要書類は?銀行カードローンに必要な書類を用意しよう

銀行カードローンを利用するためには申し込みを行い、審査に通過しなければいけません。申し込みをするときには必ず提出しなければならない書類があります。

 

慌てて用意することがなく、いざという時にすぐ申し込みができるように事前に必要な書類を準備しておくことをお勧めします。

 

銀行カードローンに必要な書類は以下の通りです。

 

本人確認書類

免許証、保険証、パスポートなど

 

免許証やパスポート、保険証など本人が証明できる書類はどの金融会社においても必要になる書類です。本物ではなくコピーした一部を用意すれば問題ありません。

 

できれば財布に入れておく常備用にひとつと自宅にひとつ用意しておくと良いでしょう。
外国人の方は在留カード、特別永住者証明書のどちらかになります。

 

銀行カードローンは満20歳以上の人しか利用することはできないため、年齢確認は絶対的なのです。本人証明書でも印鑑証明書や住民票は発行から3ヶ月以内、運転経歴証明書は2012年3月31日以降の発行分しか適用されないケースもみられます。

 

銀行によってどのような書類が本人証明書としてみなされるのか事前に確認しておかなければなりません。

 

収入証明書

源泉微収票、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書など

 

銀行によりますが借入額が200万とか500万円とか大きい額を希望する場合に必要となってくるのが「収入証明書」です。銀行によってどのくらいの借入れから必要になるのか変わるので事前に把握しておかなければなりません。

 

収入証明書は源泉微収票、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書などになっています。専業主婦の場合は収入がありませんので配偶者の収入証明書が必要になります。

 

どうしても家族に借金をしていることを秘密にしておきたい方は銀行カードローンの中から収入証明書が要らないところを利用しましょう。必要な書類に不備があった場合は審査に通過することができなくなる場合があるので注意しましょう。

 

必要書類を提出する前に何回かきちんと確認するようにしてください。

 

基本は本人確認書類だけでOK!

 

お金を借りる時って色々と面倒な書類とか手続きが必要なのかな〜と思っていた方も多いと思いますが、大きい額を借りる時以外は、基本的に本人確認書類だけを準備するだけでOKです。

 

提出方法も今では自分の本人確認書類をスマホとかのカメラで写メを取ってメールで送ったり、指定の場所にアップロードするだけだったりで簡単に終わります。

 

郵送物もないので、家に何か送られてくることもないので安心して使えます。