主婦が銀行カードローンを選ぶ理由

通称貸金業法と呼ばれる法律で、「お金を借りる本人の年収の3分の1を超えてお金を貸してはいけない」という定めがあるのですが、これを総量規制と呼んでいます。

 

専業主婦など本人に収入の無い場合は、旦那様の収入が証明出来て、同意書などが用意出来れば、奥様の名前でも契約出来ることになってはいますが、通常は審査で落とされてしまうのが一般的です。

 

でも銀行カードローン会社では、「専業主婦でもOK」というウリ文句を掲げているところが多いですよね。これはどうしてかと言うと、銀行はこの総量規制の対象外になっていて、銀行が経営している銀行カードローンも同様に対象外だからなのです。

 

自分は専業主婦だから、申し込んでも審査に落ちてしまうだろうと思って手が出せないという人の場合は、銀行カードローンを選んで申し込めばそうした心配はいりません。

 

申し込みの時に旦那様の収入を合わせて審査を希望するか、それともそれ無しで審査するかを選べるところもありますが、それはお金を借りる時の限度額を決める時にプラスになる要素だからです。

 

旦那様の収入が考慮されれば、借りられるお金が多くなりやすいということですね。
なくても審査は可能です。

 

基本的に主婦でもパートやアルバイトなどで定期的に収入が見込める人は、より審査に通りやすいですし、限度額が多くなることも多いです。

 

週に働く日にちが少ないし、時間も短いからと言って気にする必要はありません。
どちらかと言うとどの企業も、定期的な収入に大きな信頼を寄せる傾向にあります。

 

だから、不定期に大金を稼ぐ芸能人などよりも、一般のサラリーマンのほうがよほど信頼度が高いとも言われているくらいなのです。まったく現金収入の無い専業主婦でも、銀行カードローンなら限度額は低めでもちゃんと審査に通る実績がありますので、そこまで心配する必要はありません。

 

子どもが小さかったり、家族の看病や介護をしていたり、主婦の中には仕事に出られない人もたくさんいますよね。家族を支える仕事も立派な業務。現金収入として目に見えなくても、ピンチの時にお金を借りる手段はあるのです。