主婦が銀行カードローンを利用するメリット

年々、銀行カードローンを利用する人が増加しており、お金が必要になることが多い主婦でも借りることができる銀行カードローンも登場しています。

 

銀行カードローンのほかにも消費者金融や信販会社などのカードローンもありますが、やはり人気があるのは銀行です。なぜ銀行カードローンが1番人気があるのか、主婦が利用するメリットはどこになるのか詳しくみていきたいと思います。

 

金利が低い

1番に挙げられる銀行カードローンのメリットは「金利が低い」ことです。

 

カードローンの利用は利便性の高さからつい忘れてしまいますが、借金をすることになります。
金融会社からお金を借りると必ずついてくるのが金利です。

 

金利は銀行によって多少違いますが、消費者金融よりもだいぶ低いので毎月の返済額の負担が少なくなります。借入日数が長くなればなるほど大きくなってくる金利が低い方が元金をそのまま返済していくことができます。

 

安全性が高い

銀行は金融機関の中でも1番身近な存在であり、私たちの生活には欠かせないところです。

 

お金を借りると返済に遅れるたびに借金取りがやってきたり、電話がしつこくかかってきたりと不安な点も多いでしょう。しかし、銀行はきちんとしているのでそのような心配はいりません。

 

私たちが日常に使用している金融機関なので安心してカードローンを利用することができるのではないのでしょうか。金融会社の中でも安全性が高いことがメリットでもあります。

 

限度額の大きさ

銀行カードローンは総量規制対象外なので年収の3分の1以上の借入れが可能になるのがメリットです。限度額が大きければ大きいほどさまざまなシーンに利用することができ、とても便利になるでしょう。

 

しかし、本人の収入によっては希望通りの限度額にいかない場合があります。

 

限度額が低くなることもありますが、利用するたびに必ず返済し続けていくと限度額UPをすることもできます。主婦や専業主婦の場合は収入が社会人よりも低いため、限度額が一般的なカードローンよりも低くなってしまう傾向がみられるので注意してください。