専業主婦はどうすれば・・・

生まれてから一度も消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りた経験のない人は、そうした企業からお金を借りる時の仕組みについてあまりよく知らないと思います。

 

でもなんとなく、「お金を借りるためには、借りられる資格があるかどうかの審査がある」という話くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。お金を貸すことを事業としている企業や銀行は、ちゃんと借りたお金と利息を期日までに返してくれる顧客と契約をします。

 

お金を貸すのはボランティアでもなんでもなく、そうした商売なわけですから、当然ですよね。だから、お金を貸してもちゃんと返せる人かどうか、そこを審査されるわけです。

 

審査の細かい項目と判断するための条件は、消費者金融会社や銀行カードローン会社の内部で独自に持っている基準がありますので、詳しいことは知ることは出来ません。

 

でも、普通に考えて、毎月決まった収入の見込める人なら信頼度が高くなるというのはなんとなくわかりますよね。たまたまその月は足が出てしまうということはあるかもしれませんが、基本的には毎月決まった給料が入って、それで生活をしていることがわかれば、その額に見合った金額を貸すことは企業として歓迎出来ることです。

 

この収入が不定期だったり、無収入だったりすると、判断が難しくなるのはわかります。

 

では、本人にまったく収入がない専業主婦の場合はお金を借りることは出来ないということになってしまいます。あきらめるしかないのでしょうか?

 

実は、日本には通称、貸金業法と呼ばれる法律があり、お金を借りる本人の年収の3分の1を超えてお金を貸してはいけない、と定められています。

 

この法律には救済措置があり、本人に収入の無い専業主婦の場合は、旦那様の収入が証明出来れば借りられることになってはいますが、多くの消費者金融会社では、まったく無収入の人は審査で落とされてしまうことがとても多く、専業主婦も例外ではありません。そこで、専業主婦がお金を借りる時にはこの法律に関係しない銀行カードローンで借りるしかないのです。