専業主婦が借りる時に注意する事

消費者金融よりも銀行カードローンの方が主婦にとっては安心して利用することができます。銀行は身近な金融会社であり、安全性が高いです。

 

しかし、専業主婦が銀行カードローンを利用する際はいくつか注意点があるので必ず把握してから利用することをお勧めします。専業主婦の銀行カードローン注意点は以下の通りです。

 

主婦向けの銀行カードローンを選ぶ

銀行カードローンといっても専業主婦に対応していないところが多くあります。

 

そのような銀行のカードローンを利用しても専業主婦というだけで審査に落ちる可能性があるので注意してください。審査に1度でも落ちてしまうと信用情報に記載されます。

 

信用情報は最低5年経過しなければ情報が削除されないためその間は銀行カードローンの利用が難しいでしょう。銀行カードローンの中でも主婦に対応した銀行を選び、申し込みを行ってください。

 

主婦に対応した銀行カードローンを選ぶことは非常に大切です。

 

必要な書類を用意する

銀行によって必要な書類が違います。本人証明書はどこの銀行でも必ず準備しなければならない書類ですが、収入証明書は必要なところと要らないところに分けられるので注意が必要です。

 

申し込みをする前に必ず確認しておきましょう。
また、専業主婦の場合は配偶者の収入証明書を用意しなければなりません。

 

配偶者の収入証明書が自分の返済能力の有無を証明する大切な書類となるので事前に準備しておきましょう。必要な書類に少しでもミスがあれば審査に通過することはできません。

 

銀行カードローンの中には主婦向けに収入証明書が不要なケースもあります。要らない場合は融資額が低くなってしまいますが、会社によっては30万円までは必ず借りることができるので安心してください。

 

自分が利用したい銀行カードローンの申し込みにはどのような書類が必要になるのかチェックしてくださいね。そして、提出する前は必ずミスがないかどうかチェックすることが大事です。

 

ミスを防ぐためにも何回もチェックするように気をつけておきましょう。