主婦のためのお金節約術

毎月のお金が足りないという主婦の場合、すぐに「銀行カードローンでお金を借りればいいじゃない」と言う前に、ちょっと節約術を考えてみましょう。

 

出来ることは何でもやって、それでもイレギュラーな場合だけちょっと銀行カードローンのサポートを使うという程度であれば、人生が破綻するような怖い状況にはならないはずです。

 

賢く生活して、お金は賢く利用しましょう。

 

家計の中で一番の支出はやはり食費、ここを圧縮出来ればかなり楽になります。
間違いやすいのは、食事の量を減らしてしまうこと。

 

これは家族の健康を預かる主婦として一番やってはいけないことですし、多少減らしたくらいで家計に大きな影響は得られません。偏った食生活で健康でも害してしまったら、余計に病院の費用がかかってしまうようなマイナスの状態にもなりかねません。

 

一番簡単な節約方法は、たくさん買っても大丈夫なものをうまく買ってから、献立を考えるというシンプルなものです。スーパーや地元の商店街などでは、必ずどこかに目玉商品として安いものが売られていたり、旬のものがたくさん採れて割安になっていたりするものです。

 

家にいる時から買うものを決めつけてしまうのではなく、見て安いものを買ってからメニューを考えましょう。別に難しい料理でなくても、それだけで毎日が割安な食卓に出来ます。

 

また、バカに出来ないのが光熱費です。

 

使っている時に使っている量が目に見えにくいものなのでついついないがしろになってしまいますが、月の請求額を見て驚いているようではいけませんね。

 

冷房や暖房は健康を維持するためには最低限必要ですのでそこはケチってはいけませんが、温度設定を我慢どころにしたり、使いすぎを止めるだけで千円単位で変化するので大きなプラスになります。

 

また、お風呂のお湯はいっぱいいっぱいまでためる必要は無し。
これだけで電気代やガス代も水道代も節約出来ます。

 

熱を逃さないためにフタをするのも忘れずに。日々の節約は100円単位でも無駄だと思わないことが大事ですね。