銀行カードローンの審査について

最近では、専業主婦でも借りられるという銀行カードローンもたくさん出てきています。

 

ほとんどは限度額が低めの設定ですが、本人が無収入でも旦那様の収入を基準に審査してもらうことも出来ますので、そうした場合はある程度余裕をもった借り入れも可能となります。

 

無収入でも学生でも大丈夫、という宣伝文句だと、「だったら絶対に審査なんか通るでしょ?」と考える人もいます。確かに完全に「無審査」だと明言されているのであれば、申し込んだ人は誰でもOKでなければおかしいですね。

 

でも、審査がある以上、落ちてしまう場合もあります。

 

どういった理由で落ちてしまったかはまず教えてくれませんので、実際に落とされてから驚いて、どうしてダメだったのか検討もつかないという人もいるようですね。

 

実例で言えば、専業主婦で銀行カードローンを申し込んだところ、クレジットカードで限度額いっぱいまで使って買い物をして、リボルビング払いで支払っている最中だったために審査に落ちたと思われるケースがあります。

 

クレジットカードは旦那様の名義だったようですが、この場合はおそらくクレジットカードの信用情報が銀行カードローンの会社のほうでNG条件になったと考えるのが妥当でしょう。

 

同じようなことで考えられるのは、旦那様が奥様に言わずにどこかの消費者金融会社や銀行カードローンから借り入れをしていたというケースや、クレジットカードをいっぱいいっぱい使っていたというケースで、収入を一つにする家庭内ですでに大きな借金が行われていると判断されれば、新たな審査が通らなくなるということは十分に考えられます。

 

要は、返済に当てるための収入という塊を取り崩していった時に、破綻しないかどうかという点で判断をするわけですから、同じ塊からすでに取り崩しが行われているのであれば、条件は厳しくなるのは当然のことです。

 

申し込みをしているのは自分であって旦那様ではないから関係ない、と思ってもそれはなかなか難しい話ですね。ただ、このような状況でも、完全に無審査であればもちろん限度額は低くてもOKとなります。