主婦の場合の審査は厳しいの?

信販会社、消費者金融と銀行以外にもカードローンが利用できる金融会社はありますが、銀行カードローンがその中で1番審査が厳しいと言われています。

 

低金利で安全性が高いという理由で人気がある分、審査が厳しいので申し込みに躊躇してしまう人も多いのではないのでしょうか。

 

特に、職業・勤続年数・年収のような個人情報や信用情報に対して要チェックされています。収入が少ない主婦、またはまったくない専業主婦にとって銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか。

 

【専業主婦対応の銀行カードローンであれば問題なし】

主婦(専業主婦)が普通のカードローンに申し込みをすると通過できない可能性がありますが、主婦対応のカードローンに申し込みをすれば信用情報に傷がついていない限り通過できます。

 

専業主婦対応の銀行カードローンはあらかじめ融資額が低く設定されており、毎月の返済額も少ない金額となっています。主婦には主婦対応のカードローンを利用することで銀行も専業主婦が使うカードローンとして扱うことができます。

 

審査基準も一般的な社会人基準ではなく、主婦目線として考えるため厳しいことはありません。今まで借入れおこなったことがある人は信用情報に問題がないかどうか、今現在借入れをおこなっていないか調べられます。もし信用情報に何かしら問題がある場合は申し込みをしても審査に通過することはできないので注意してください。

 

【書類の不備があれば審査に通らないことも…】

主婦対応の銀行カードローンを利用すれば審査基準も主婦基準となるので易しくなることがわかりましたが、必要な書類に不備が見つかればそれだけでNGになるケースがあります。

 

書類ひとつでもきちんとできない人=返済も上手にできないと銀行からの信用を失ってしまうからです。たったそれだけで…!?と思うかもしれませんが、金融業界においてはとても重要なことです。

 

申し込みをする前に必ず書類のチェックを2回以上おこなってください。

 

名前や住所は間違っていないかどうか、収入証明書がある場合は日付のチェック、見落としているところはないかと確認が必要です。せっかく通過できるかもしれないのに書類の不備で通過できなければ非常にもったいありません。